読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書の予約・取寄サービスについて

便利に使おう

OPACで本を探すと出てくるボタン、「予約・取寄」のサービス利用していますか?

便利なサービスですが、間違いやすい部分があったようなので、使い方をお知らせしたいと思います。

 

サービスの内容ですが、

予約・・・現在貸出中になっている本を次に借りたい時に使えるサービス

取寄・・・分館(本館)にある本を本館(分館)に搬送してもらいたい時に使えるサービス

となっています。

 

ここで注意。

欲しい本がある場所と、自分が利用している図書館が同じ場合、「貸出可」の本は「予約・取寄」サービスは使えません。

 

実例でご紹介しますね。

f:id:hulib:20160601142202p:plain

「貸出中」の本の場合、

「次に使いたいから『予約』しておこう!」となります。

 

f:id:hulib:20160601140248p:plain

「貸出可」の本の場合、

「分館で利用したいから『取寄』を使って搬送してもらおう!」は出来ますが、

「本館で利用したいけど、すぐに行けないから『予約』しておこう!」は出来ません。

 

このまま予約を進めた場合、

f:id:hulib:20160601140306p:plain

受取館の選択は問題なく出ますので、「本館」を選んで「確認する」をクリックしてみましょう。

 

f:id:hulib:20160601140319p:plain

エラーの表示が出て予約が出来ないようになっています。

 

本棚から本見つけるの苦手なんだよなぁ~という学生さんもいるかと思います。

一声かけていただければ、お手伝いさせていただきます。

何度かこなせば、すぐに自分で探せるようになりますよ!!