読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

所蔵本の紹介

雑記

大学図書館には学術書だけではなくこんな本もありますよ、というご紹介になります。

先立ってTwitterから配信したのですが、せっかくまとめたので、何だか勿体無くてブログ記事にも残してみました。

私の独断オススメなので(見事に913.6ばかりになってしまいました)、違う職員にも作ってもらうと楽しそうですよね、どなたかやってみませんか?

 

POPコンテストの応募は7/15まで!

勉強に使って便利だった本、読んで心に残った小説、どんなジャンルの本でも大丈夫。

皆さんからの応募をお待ちしております。

 

クジラは潮を吹いていた。/佐藤卓著(開架図書674.3/Sa85)

「デザインあ」の方の本です。

必ず見たことがあるデザインがあるかと思います。

 

これ,誰がデザインしたの?/渡部千春著(和図書674.3/W45)

誰もが目にするあのデザインはどうやって生まれたのかな?

 

ナウシカの「新聞広告」って見たことありますか。 : ジブリの新聞広告18年史(和図書674.6/N59)

初期ジブリの新聞広告がたくさん。ジブリファンにどうぞ。

 

14歳の君へ : どう考えどう生きるか/池田晶子著(開架図書100/I32)

「好かれようと思うよりも、自分から好きになってみよう。」14歳の時に読むよりもきっと心に響くはず。

 

いつか、あなたも/久坂部羊著(開架図書913.6/Ku82i)

在宅医療、終末医療が題材の、キレイ事だけじゃない短編集。

 

ジャパン・ディグニティ/高森美由紀著(地域志向コーナーA913.6/Ta44j)

気弱で不器用な女性が仕事をやめた。斜陽産業である津軽塗職人になった。職人として生きる道は酷く険しい。

 

青森ドロップキッカーズ/森沢明夫著(地域志向コーナーA913.6/Mo63)

いじめられっ子だった主人公がカーリングを通して成長していく青春小説。泣いちゃう。

 

ペンギン・ハイウェイ/森見登美彦著(開架図書913.6/Mo54)

アオヤマくん(小4)の住む街にペンギンが出現。疑問に思ったことはとにかく調べ尽くす真面目なアオヤマくんですが、綺麗なお姉さんにも弱い。

 

泣ける太宰笑える太宰 : 太宰治アンソロジー/太宰治 [著] ; 宝泉薫編(太宰治研究文庫913.6/D49)

色んな太宰が一気に楽しめる。

 

博士の愛した数式/小川洋子著(開架図書913.6/O24)

家政婦の私と、息子のルートと、80分しか記憶が持たない数学博士の話。毎日同じ人に自己紹介をするのはどんな気持ちなのだろう。

 

白夜行/東野圭吾著(開架図書913.6/H55)

私はこのお話、亮司の愛情のお話だと思っています。

 

村上さんのところ/村上春樹著(開架図書/914.6/Mu43)

村上さんを読んだことがなくても大丈夫。

 

羊をめぐる冒険/村上春樹著(開架図書913.6/Mu43/2)

ぼくが「やれやれ」と写真に写っていた羊を探すことになる。

村上さんのところ」を読んで著作を読みたくなったらオススメしたいです。

 

一冊の本をあなたに : 3・11絵本プロジェクトいわての物語(開架図書019.53/U96)

ご飯を食べればお腹は膨れる。物語は子供達の心を救う。

東日本大震災の復興関連本は、

走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援 (ちくまプリマー新書)

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている

もとてもオススメです。(この2冊は蔵書にはありませんが・・・)